ロンドンで作る美味しいごはんのレシピ

ukfood.exblog.jp ブログトップ

タグ:薄力粉 ( 7 ) タグの人気記事

ヨーグルトスコーン

a0124902_20113555.jpg
教室で好評だったスコーン、早速載せてしまいます。イギリスのレシピだとバターミルク、サワークリームを使ったものが多いのですが、残ると使い道に困ってしまいます。グリークヨーグルトなんかも試しましたが、普通の脂肪分を調整していないヨーグルトがベスト。焼くと酸味は感じられません(フシギ)

気温が高かったり、手の温度が高い方は、指でサラサラの状態にするのがちょっと難しいかもしれませんが(教室で見て頂いた方々は大丈夫ですよね?)、その時はボールごと粉を冷蔵庫で冷やしてみて下さい。

焼きたてを食べると、ヘタなケーキよりよっぽど美味しい。材料も難しいものではないので、ぜひぜひオウチで作ってみて下さい。豪華なホテルでアフタヌーンティーも洒落ていますが、これもナカナカ負けていないと思います。


a0124902_20121368.jpg

10~12個分

・薄力粉: plain flour—250g + 打ち粉分
・ベーキングパウダー: baking powder—小さじ4
・塩: salt—ひとつまみ
・グラニュー糖: granulated sugar—大さじ1.5
・無塩バター: un-salted butter*—50g
・卵: eggs—1個
・牛乳: milk—70ml
・ヨーグルト: whole milk full fat yogurt**—50ml
・クロテッドクリーム: clotted cream—お好みで
・ジャム: jam—お好みで

*1.5cm程度の角切りにし、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておく
**滑らかなタイプ、脂肪分などを調整していない(full fat)もの
***デヴォンやコーンウォールが産地。最も脂肪分の高い(55%)クリーム
焼くまでにオーブンを180℃(ガスマーク4)に温めておく

作り方

1.薄力粉とベーキングパウダー、グラニュー糖、塩を合わせてふるい、ボールに入れる。冷蔵庫から出したてのバターを入れ、手でもみほぐすようにし、サラサラの状態にする。こねないこと。
2.小さなボールに卵、牛乳、ヨーグルトを良く混ぜ合わせておく。粉類とバターのボールに液体を混ぜ、ひとまとめにする
3.打ち粉を降った台の上に厚さ2cm程度に伸ばし、型で抜く。残った生地はもう一度丸めて伸ばし、残り同じ様に抜く。時間があったら、そのまま少しねかせてから焼いて下さい(1時間以上はねかせないように。時間が長いと膨らみ過ぎます)
4.オーブントレーにパーチメントシートを敷き、温めたオーブンで約13~15分ほど焼く
5.焼きたてにクロテッドクリームやジャムを添えてどうぞ

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by mizue_uk | 2011-03-02 20:16 | -デザート

レモンカップケーキ

a0124902_471329.jpg

子供騙しのようなカップケーキ 笑(ですが、ちゃんと美味しいと思います)。
子供って、本当にこういうケーキに魅力を感じるのですね。そう言えば、界の誕生日の時も「山」の様に作ったカップケーキが(その時はマフィンでこんなデコレーションもなかったのですが)、あっという間になくなりました。せっかく作った唐揚げや炊き込みご飯、ミートボールよりもまず先になくなったので、拍子抜けしたものです。
クリスマスバージョンにしてみたので、期日直前ですがアップします
冬になるとどうしても固くなるので、1個につき10秒くらい電子レンジで温めるとふわふわ、バターの香りもして、美味しくなります


a0124902_472972.jpg
材料(12個分)
・バター: unsalted butter---180g
・グラニュー糖: granulated sugar---130g
・レモン皮のすりおろし: lemon zest---1個分
・牛乳: semi-skimmed milk---大さじ3
・卵(中サイズ): medium eggs---2個
・薄力粉: plain flour---130g
・コーンスターチ: corn flour---20g
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ3/4
<アイシング>
・バター: unsalted butter---大さじ2
・アイシングシュガー: icing sugar---100g
・レモン汁; freshly squeezed lemon juice---大さじ1
・マフィンケース: muffin cases---12枚
・飾り: sugar decoration---お好みで
*バター、卵、牛乳は約1時間ほど前に冷蔵庫から出しておく
*オーブンは180℃に温めておく

a0124902_474224.jpga0124902_475738.jpga0124902_481122.jpga0124902_48256.jpga0124902_483724.jpg
作り方
1.薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく
2.バターを(電動)泡立て器で均一な滑らかさになる程度に泡立てる。砂糖を2度くらいに分けて加え、白っぽくフワリとした状態になるまで泡立てる
3.レモンの皮を加え、卵を少しずつ加えてよくまぜる(ここまでは泡立て器)
4.ゴムベラに持ち替えて、牛乳を加え、ざっと合わせたら、1.で合わせた粉類も加えて切るように均一に混ぜる
5.マフィンカップに紙のケースを敷き、4.の生地をスプーン2本などを使って分ける。
6.温めたオーブンで約20分、火が通るまで焼く(竹串を刺して、生地がついてこなければ焼き上がり)。そのまま冷ましておく
<アイシング>
7.小さなボールにバターを入れ、電子レンジで約20秒温めて溶かす
8.アイシングシュガー、レモン汁を入れ、小さな泡立器などでぐるぐると滑らかに白っぽくなるまで混ぜ合わせる
9.冷ましたケーキにスプーンの背などを使って上にコーティングすれば出来上がり。アイシングが固まる前に、お好みで飾りを楽しんで下さい。しばらくするとアイシングは少し固くなります

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
ただ今17位くらい(笑)です↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。本当にありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

[PR]
by mizue_uk | 2009-12-24 04:33 | -デザート

アールグレイのシフォンケーキ

a0124902_5383426.jpg
料理教室に毎回来てくれる可愛いAiちゃんとヨウちゃん(いつも本当にアリガトウ)の為にシフォンケーキレシピを公開します。アールグレイが苦手だったら、「水」でも「コーヒー」でも構いません。この型、実はイギリスでは手に入りにくいものなんですが、結構皆持っていたりしますよね。
シフォンケーキのスペルを確認しようとwikiで調べたら、なんと本来はベーキングパウダーを入れないとか(ガーン!)。シフォンケーキは型にバターを塗ったり、紙を敷いたりする手間が不要なのと、手近な材料で出来る、またアレンジも効くので頻繁に作っています。焼き具合がなぜか毎回違っていたりして、それはそれで難しいのですが、この分量と大きさに今のところ落ち着いています


a0124902_5385442.jpg
材料(底の直径16cmのシフォン型1個分)
・卵(Mサイズ): medium eggs---3個(卵黄と卵白を分けておく)
・アールグレイの葉: Earl grey tea---大さじ1
・サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil---50ml
・薄力粉: plain flour---100g
・コーンスターチ: corn flour---20g
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ1
・グラニュー糖: granulated sugar---90g+大さじ2
・塩: salt---ひとつまみ
*オーブンを160度に温めておく

a0124902_539916.jpga0124902_5392266.jpga0124902_5393487.jpga0124902_5394846.jpga0124902_540029.jpga0124902_5401962.jpga0124902_540368.jpga0124902_5405349.jpga0124902_541999.jpg
作り方
1.アールグレイの葉に熱湯を注ぎ、濃いアールグレイティー90mlを作り、冷ましておく
2.完全に冷めたら、小さなボールに卵黄とサラダオイルを入れ、よく混ぜ合わせる
3.薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー、グラニュー糖---90gをあわせて、ふるいにかけ、大きなボールに入れる。
4.2.の混ぜ合わせたものを3.の粉類の中央に注ぎ入れ、中心部をぐるぐると泡立器で混ぜ合わせて、なめらかな生地を作る
5.別のボールに卵白と塩を入れ、グラニュー糖---大さじ2を加えながら、泡立器(電動が便利)でツノが立つまで泡立てる
6.1/3程度の卵白を、4.の生地に加えてなじませる。その後、残りの卵白を一度に入れて、ゴムベラでさっくりと切るように混ぜ合わせる。
7.型に入れ、中央の筒型の部分をしっかり手で押さえてトントンとテーブルの上などに打ち付け、中の空気を抜く。
8.160度に温めたオーブンで約45分焼く。竹串を刺してみて、生地がついてこなければ焼き上がっている。
9.そのまま3分程度、生地を落ち着かせたら、型ごと逆さにして冷ます。やけどしないように、またひっくり返さないように気を付けて下さい
10.完全に冷めたら、型と生地の間に竹串を入れて、外側と内側の生地を離し、ひっくり返す。最後に残った底の部分は包丁で切り離すようにしたら、出来上がり。お好みに応じてホイップクリームを添えても . . .
Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
[PR]
by mizue_uk | 2009-09-12 06:16 | -デザート

ミックスドライフルーツマフィン

a0124902_6231520.jpg
マフィンが大好きです。基本的な作り方を覚えておくと、応用が効いて便利。粉類と液体類をそれぞれ混ぜ、その二つをさっくり合わせたら型に入れて焼くだけ。卵やバターの泡立ては不要、手早く出来るし、朝食にもなる、ちょっとお腹が空いた時にもどうぞ。電子レンジで20秒弱、温めるとふわふわのマフィンがよみがえります。残ったら冷凍も出来ます

a0124902_6233031.jpga0124902_62521.jpga0124902_6252669.jpg
材料(イギリスで手に入るスタンダードなマフィン型12個分)
・薄力粉: plain flour---250g
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ2
・グラニュー糖: granulated sugar---80g
・牛乳: semi skimmed milk---120ml
・卵: eggs---中2個
・サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil---60ml
・ハチミツ: honey---大さじ2
・ミックスドライフルーツ: mixed dried fruit---大さじ5
*オーブンを190度に温めておく

a0124902_6262125.jpga0124902_6265312.jpga0124902_6271418.jpga0124902_6273857.jpga0124902_6275637.jpga0124902_6281473.jpg
作り方
1.マフィン型にケースを敷いておく
2.大きなボールに薄力粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖を合わせてふるっておく
3.別の中くらいのボールには牛乳、卵、サラダオイル、ハチミツを泡立器でよく混ぜ合わせておく
4.ふるった粉類のなかに3.をヘラなどでさっくり切るように混ぜる。ミックスドライフルーツも合わせて、全体が均等になったら、型に配分して入れる
5.190度のオーブンで20分焼き、中に竹串を入れてみて、生地がついてこなければ出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-08 06:40 | -デザート

ジンジャービスケット

a0124902_23115387.jpg
クリスマスにはコレ(実際には年柄年中食べられているのですが)。よくプレゼントにしています。ほんのり利いたショウガとシナモンの香りが香ばしいサクサククッキー。アイシングの甘さでちょうど良い加減になる様に、甘さを控えています。市販のチューブに入ったアイシングキットを使うと簡単です

a0124902_23121251.jpg
材料(30〜50枚分)
・無塩バター: un-salted butter---150g(室温に出しておく)
・ダークブラウンシュガー: dark brown muscovado sugar---100g
・薄力粉: plain flour---280g(ジンジャーパウダーを使う場合は250gにして下さい)
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ1
・シナモンパウダー: cinnamon powder---小さじ2/3
・ショウガ汁: ginger juice---小さじ2(もしくはジンジャーパウダー: ginger powder---小さじ1)
・卵黄: egg yolks---3個
<アイシング>
・アイシングシュガー: icing sugar---200〜300g
・卵白: egg white---1個分
*焼く前にオーブンを180度に温め、オーブントレーにベーキングシート: baking parchmentを敷いておく

a0124902_23144051.jpga0124902_23145418.jpga0124902_2315742.jpga0124902_2315219.jpga0124902_23153454.jpga0124902_23155491.jpg
作り方
1.薄力粉、ベーキングパウダー、シナモンパウダーは合わせてふるっておく
2.ダークブラウンシュガーも固まりがあるようなら、ふるっておく
3.バターとシュガーを合わせてボールに入れ、ハンドミキサーで(泡立器でも可)ふわっとするまで混ぜ合わせる
4.卵黄とショウガ汁を少しずつ加え、均等に混ぜ、粉類(ジンジャーパウダー)を一度に入れ、ゴムべらでさっくり混ぜ合わせたら一つにまとめ、冷蔵庫で2-3時間休ませる(そのまま型で抜くよりも扱いやすくなります)
--------------------------------------------------
5.生地を取り出し、打ち粉(薄力粉---分量外)をしながら、4mm程度に麺棒を使って伸ばす。好みの型に抜く
6.ベーキングシートを敷いたオーブントレーに間隔を空けて並べる。180度のオーブンで15〜18分焼く。焼き上がったら網(クーラー)などにのせて冷ます
<アイシング>
7.小さなボールに卵白とアイシングシュガーを入れ、固さを見ながらよく混ぜる(細かく絞り出すときは固め、スプーンでラフに塗ったり、間にはさむときは柔らかめに加減して下さい)。混ぜ合わせたものを絞り出し袋に入れて絞り出したり、スプーンを使ってデコレーションする。アイシングが乾くまで半日程度乾かす

a0124902_23253325.jpga0124902_23255428.jpga0124902_2326871.jpg

[PR]
by mizue_uk | 2009-08-07 23:33 | -デザート

オレンジビスケット

a0124902_5563511.jpg
柑橘系の香りが好きで、適当に(笑)作ってみたら「美味しかった」ビスケット。コーンフラワー(コーンスターチ)が入るので、ホロホロとした軽い食感になります。ビスケットなんていくらでも売っているのですが、自分で焼いたものはやっぱり特別。飽きがこなくて、これだけ一度に焼いてもあっという間になくなってしまいます

a0124902_5565545.jpg
材料(30枚分)
・無塩バター: un-salted butter---140g(室温に出しておく)
・グラニュー糖: granulated sugar---70g
・卵白: egg white---1個分
・薄力粉: plain flour---100g
・コーンフラワー: cornflour---100g
・オレンジピール: orange peel---大さじ3
・レモン皮のすりおろし: lemon zest---1個分(レモン皮の黄色い部分(白い部分は苦いので)を目の細かいおろし金ですりおろして下さい)
*オーブンを170度に温め、オーブントレーにベーキングシート: baking parchmentを敷いておく

a0124902_558061.jpga0124902_5581591.jpga0124902_5582834.jpga0124902_5584257.jpga0124902_5585651.jpga0124902_559975.jpg
作り方
1.薄力粉、コーンフラワーは合わせてふるっておく
2.オレンジピールは大きければ、粗みじん切りにしておく
3.バターとシュガーを合わせてボールに入れ、ハンドミキサーで(泡立器でも可)ふわっとするまで混ぜ合わせる
4.レモン皮のすりおろしと卵白とを少しずつ加え、混ぜ合わさったところでオレンジピールも合わせる
5.1.の粉類を一度に入れ、ゴムべらでさっくり混ぜ合わせたら、一つにまとめる(扱いにくいようであれば一度冷蔵庫で冷やして下さい)。直径4cm程度になるように細長く成型し、冷蔵庫で数時間から半日程度休ませる(扱いやすくなります)
---------------------------------------------------
6.生地を取り出し、グラニュー糖もしくは打ち粉(分量外)をしながら、4mm程度に切り、ベーキングシートを敷いたオーブントレーに間隔を空けて並べる
7.170度のオーブンで13~15分焼く。焼き上がったら網(クーラー)などにのせて冷ます

a0124902_661991.jpg
応用レシピ
オレンジピールとレモンの皮の代わりにラムレーズンを入れ、四角く成型すると違った印象のビスケットになります
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-07 06:11 | -デザート

りんごのパウンドケーキ

a0124902_4591769.jpg
家で焼くケーキは大体こんな感じ。素朴で甘すぎず、朝食にもなるようなものが多いです。卵を別に泡立てることもなく、ボールに材料を足してゆくので手軽に作れます。リンゴを生のまま加えるので、焼き上がりもしっとりですが、その分日持ちはしません。2、3日中に食べ切って下さい

a0124902_4593178.jpga0124902_4595199.jpg
材料(10切れ分:20×11×7cm)
・リンゴ: apples---2個(グラニースミス:Granny smith、もしくはブリーバーン: Braeburn)
・シナモン: cinnamon---小さじ1/2
・無塩バター: un-salted butter---100g(室温に出しておく)
・ライトブラウンシュガー: right brown muscovado sugar---100g
・卵: eggs---中2個
・薄力粉: plain flour---120g
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ1
・牛乳: semi skimmed milk---大さじ1
*オーブンを160度に温めておく

a0124902_502475.jpga0124902_51235.jpga0124902_513645.jpga0124902_52996.jpga0124902_523015.jpga0124902_52584.jpg
作り方
1.薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく
2.リンゴをいちょう切りにして、材料の中からライトブラウンシュガー---大さじ1とシナモンを振りかけ、全体を混ぜ合わせておく
3.ボールに無塩バターを入れ、泡立器で柔らかくする。ライトブラウンシュガーを加え、白っぽく、もったりした感じになるまで泡立てる
4.卵を1個ずつ加え、更に牛乳も入れたら、よく混ぜあわせる(ここまで泡立器)
5.ゴムベラに切り替えて、合わせた薄力粉とベーキングパウダーを一度に入れ、さっくり混ぜ合わせる。リンゴも加え、全体を均一に混ぜ合わせる
6.オーブンペーパーを敷いた型(写真の様に型に合わせてペーパーを切り、ホッチキスで止めると便利)に、流し入れ、台の上でトントンと空気を抜いたら、温めたオーブンで焼く(約45分)。竹串を刺してみて、生地がついてこなければ出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-07 05:12 | -デザート
line

ロンドンでのレシピと日々


by mizue_uk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31