ロンドンで作る美味しいごはんのレシピ

ukfood.exblog.jp ブログトップ

タグ:牛 乳 ( 12 ) タグの人気記事

ごまプリン

a0124902_2229445.jpg
タヒニでごまプリン。できるもんです。何度も試作を作ったので、しばらくは見たくもありませんでしたが、気に入った方がいらして、朝からご主人とぱくぱく食べ続けとか(嬉涙)。やや濃厚な味ですが、大きな器で冷やし固めて、食べる時に取り分けてもOKです

a0124902_22295936.jpg
材料(4〜5人分)
・タヒニ: tahini---大さじ3
・ホイップクリーム: whipping cream---100ml
・牛乳: semi-skimmed milk---250ml
・デメララシュガー: demerara sugar---大さじ2(ライトブラウンシュガー: right brown sugarでもOK)
・ハチミツ: honey---大さじ2
・粉ゼラチン: gelatine powder---1/2袋(約6g)

a0124902_652530.jpga0124902_22301396.jpga0124902_22345615.jpga0124902_22311194.jpga0124902_22315383.jpga0124902_22321247.jpg
作り方
1.粉ゼラチンをワインと水---大さじ2でふやかす((水がゼラチンを全て吸ってスポンジの様な状態になります))。小さな器に水を入れ、上からゼラチンを振り入れると良い
2.ボールにタヒニとハチミツを入れ、ホイップクリームを少しずつ注いで、泡立器でぐるぐると混ぜ合わせる。はじめは分離したような感じになるが、クリームがすべて入る頃には滑らかなペースト状になる
3.ミルクパン、もしくは小鍋に牛乳とシュガーを入れ、70〜80℃くらい(舐めて熱いと感じる程度)まで温める。沸騰させないこと
4.火からおろし、温まった牛乳に1.のふやかしたゼラチンを加え、完全に溶かす(余熱で溶けます)
5.2.のタヒニのボールにゼラチンの入った牛乳を少しずつ注ぎ入れ、なるべく泡立たないようにして混ぜ合わせる。好みの器に注ぎ入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固めたら出来上がり。お好みで黒ごまを振ってどうぞ
Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-25 22:51 | -デザート

カラメルミルク

a0124902_2145172.jpg
鍋底に残ったカラメルが勿体ないので、ミルクを足して温めたところ、とっても美味しかったので. . .夏には冷たくしても美味しいです

a0124902_21454092.jpg
材料(4〜6人分)
・グラニュー糖: granulated sugar---100g
・牛乳: semi-skimmed milk---適量

a0124902_2146120.jpga0124902_21461682.jpga0124902_21464058.jpg
作り方
1.グラニュー糖を小鍋に入れ、弱火にかける。しばらくすると砂糖が溶け出して、カラメル状になってくるので、鍋を揺らしながら、全体が茶褐色になるまで火にかけておく
2.全体が茶褐色になったら、すぐ火から下ろし、熱湯100mlを加えて小さな泡立器などで全体を混ぜ合わせる。このとき、鍋も砂糖もかなり熱くなって、飛びはねるので、やけどしないようにくれぐれも気を付けて下さい。このままカラメルとして冷蔵庫で保存しておいて、好きなときにミルクで薄めてもOKです
3.ミルク適量を注いで温める
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-10 21:51 | -デザート

バナナのフローズンヨーグルト

a0124902_21335469.jpg
子供が食べるので、常備しているバナナですが、うっかりするとすぐに熟れてしまいます。見た目は悪いけど、黒い斑点が出るまで熟したバナナは甘みも香りも強く、お菓子に使うにはよい材料。使い道に困った時にも是非どうぞ。ヨーグルトのおかげでローファットアイスクリームかな?

a0124902_21341831.jpg
材料(8人分)
・バナナ: bananas---中2本(黒い斑点が出て来るまで熟したもの)
・ヨーグルト: natural stir yogurt---300g(固まった: setタイプでないもの、甘みの入っていないもの)
・牛乳: semi-skimmed milk---100ml
・グラニュー糖: granulated sugar---大さじ3
・レモン汁: lemon juice---小さじ1

a0124902_21352097.jpga0124902_21345657.jpga0124902_21354235.jpg
作り方
1.牛乳を電子レンジで約1分加熱し、グラニュー糖を溶かす(小鍋で温めてもOK)
2.バナナは皮をむき、レモン汁を加え、フォークの背でピューレ状になるまでつぶす(多少固まりが残っても構いません)
3.つぶしたバナナにヨーグルトと1.の牛乳を加えて混ぜ合わせる。バットなどに流し入れ、冷凍室で凍らせる
4.固まりかけたら、フォークかスプーンでかき混ぜる(固まり過ぎたら、少し室温に出しておくとかき混ぜやすく、滑らかになります)。これを数回繰り返して出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-10 21:43 | -デザート

かぼちゃのジェラート

a0124902_5513767.jpg
アイスクリームよりさっぱり、ラム酒との相性が抜群のジェラート。生クリームでなく、コンデンスミルクを使うのがヒケツ(と思います)。食べる時に、好みで更にコンデンスミルクをかけても美味しいです

a0124902_552595.jpg
材料(6人分)
・カボチャ: kabocha squash---正味300g
・牛乳: semi-skimmed milk---200ml
・コンデンスミルク: condensed milk---70ml
・卵黄: egg yolks---2個分
・グラニュー糖: granulatd sugar---大さじ3
・ラム酒: dark rum---小さじ2
・バニラエクストラクト: vanilla extract---少々

a0124902_5524263.jpga0124902_55372.jpga0124902_55321100.jpga0124902_5533554.jpga0124902_5542378.jpga0124902_5543910.jpg
作り方
<カボチャピューレを作る>
1.カボチャは種をスプーンなどですくいとり、皮をむいて、一口大に切る
2.耐熱ガラスの容器などに入れ、ゆったりとラップをし、電子レンジにかける(5~6分)。柔らかくなったら、すりこ木やフォークなどでつぶす
3.コンデンスミルクを混ぜ、ラム酒とバニラエクストラクトも加える
<卵黄を泡立てる>
4.卵黄にグラニュー糖を入れ、泡立器で白く、もったりするまで泡立て、牛乳を加える
--------------------------------------------------
5.4.に3.のカボチャピューレを加え混ぜ合わせ、バットなどに入れ、冷凍庫で固める。時々フォークやスプーンでかき混ぜて、滑らかになったら出来上がり。冷凍庫から出したてで、固過ぎる場合は少し室温に置いてから、かき混ぜると良い。
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-10 06:01 | -デザート

バナナマフィン

a0124902_23293836.jpg
ミックスドライフルーツマフィンの応用バナナ版。バナナが入るからか、よりしっとり風味豊かに仕上がります。ウチでは、買い置きのバナナが生で食べるにはちょっと熟れ過ぎた時にマフィンに変身します

a0124902_23295419.jpga0124902_6252669.jpga0124902_23303785.jpg
材料(イギリスで手に入るスタンダードなマフィン型12個分)
・薄力粉: plain flour---250g
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ2
・グラニュー糖: granulated sugar---80g
・牛乳: semi skimmed milk---100ml
・卵: eggs---中2個
・サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil---60ml
・ハチミツ: honey---大さじ2
・バナナ: bananas---中2本(よく熟れたもの)
*オーブンを190度に温めておく

a0124902_6262125.jpga0124902_6265312.jpga0124902_6271418.jpga0124902_23312936.jpga0124902_23315820.jpga0124902_23321275.jpg
作り方
1.マフィン型にケースを敷いておく
2.バナナを小さいボールなどに入れ、フォークの背でつぶす
3.大きなボールに薄力粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖を合わせてふるっておく
4.別の中くらいのボールに牛乳、卵、サラダオイル、ハチミツを泡立器でよく混ぜ合わせておく
5.のふるった粉類のなかに4.を加え、ヘラなどで軽くさっくり切るように混ぜたら、次にバナナも合わせる
6.190度のオーブンで20分焼く。中に竹串を入れてみて、生地がついてこなければ出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-08 23:49 | -デザート

ミックスドライフルーツマフィン

a0124902_6231520.jpg
マフィンが大好きです。基本的な作り方を覚えておくと、応用が効いて便利。粉類と液体類をそれぞれ混ぜ、その二つをさっくり合わせたら型に入れて焼くだけ。卵やバターの泡立ては不要、手早く出来るし、朝食にもなる、ちょっとお腹が空いた時にもどうぞ。電子レンジで20秒弱、温めるとふわふわのマフィンがよみがえります。残ったら冷凍も出来ます

a0124902_6233031.jpga0124902_62521.jpga0124902_6252669.jpg
材料(イギリスで手に入るスタンダードなマフィン型12個分)
・薄力粉: plain flour---250g
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ2
・グラニュー糖: granulated sugar---80g
・牛乳: semi skimmed milk---120ml
・卵: eggs---中2個
・サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil---60ml
・ハチミツ: honey---大さじ2
・ミックスドライフルーツ: mixed dried fruit---大さじ5
*オーブンを190度に温めておく

a0124902_6262125.jpga0124902_6265312.jpga0124902_6271418.jpga0124902_6273857.jpga0124902_6275637.jpga0124902_6281473.jpg
作り方
1.マフィン型にケースを敷いておく
2.大きなボールに薄力粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖を合わせてふるっておく
3.別の中くらいのボールには牛乳、卵、サラダオイル、ハチミツを泡立器でよく混ぜ合わせておく
4.ふるった粉類のなかに3.をヘラなどでさっくり切るように混ぜる。ミックスドライフルーツも合わせて、全体が均等になったら、型に配分して入れる
5.190度のオーブンで20分焼き、中に竹串を入れてみて、生地がついてこなければ出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-08 06:40 | -デザート

抹茶パンナコッタ

a0124902_0423879.jpg
色と香りの良さから、抹茶がローカルにウケることが多いので、試してみたレシピ。簡単に出来る黒蜜も美味しいです。ゼラチンはパッケージには熱湯で溶かす、と表記されていますが、いったん水にふやかしてから70度程度の温度で溶かすと、独特の嫌な匂いが出ません

a0124902_0425672.jpg
材料(4人分)
・粉ゼラチン: gelatine powder---1袋(約11.4g)
・牛乳: semi-skimmed milk---300ml
・シングルクリーム: single cream---284ml(1パック)
・グラニュー糖: granulated sugar---大さじ4
・抹茶: Maccha green tea---大さじ1
<黒蜜>
・ブラウンシュガー: dark brown muscovado sugar---100g

a0124902_652530.jpga0124902_661239.jpga0124902_662781.jpga0124902_66454.jpga0124902_6742100.jpg
作り方
1.粉ゼラチンを水---大さじ4でふやかす(水がゼラチンを全て吸ってスポンジの様な状態になります)
2.鍋に牛乳を入れ、70度程度に温め、グラニュー糖を入れて溶かす
3.ふやかしたゼラチンも加えて、泡をなるべく立てないようにして溶かし、室温くらいに冷ます
4.小さなボールに抹茶と熱湯---大さじ2を入れ、良く練ってダマが残らないようにする
5.グラニュー糖とゼラチンの入った牛乳と4.の抹茶を合わせて良く溶かしたら、シングルクリームも加える。目の細かい茶こしなどでいったん漉して、氷水などでややトロリとなるまで、泡立てないようにして混ぜながら冷やす(抹茶の粉が溶けにくく沈むため、面倒ですが、いったん漉してとろみがつくまで冷やして下さい)。大きな器、もしくは好みの容器に人数分に分ける。上に泡が残っていたら、そのまま固まらないようにスプーンなどで取り除き、冷蔵庫で冷やし固める(約4~5時間以上)
<黒 蜜>
6.大きめのボールに同量の水を入れ、電子レンジに1分を3回に分けて合計3分かける(吹きこぼれやすいので、注意して電子レンジにかけて下さい。直接火にかけて作っても構いません)。あくを取って、冷ましたら出来上がり
--------------------------------------------------
7.パンナコッタが固まったら、黒蜜を好きなだけかけてどうぞ
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-08 06:19 | -デザート

フレンチトースト

a0124902_22391748.jpg
パンの種類やこだわりに「それぞれのフレンチトースト」があると思います。カラメルが好きな私は、バゲットを使って、最後にグラニュー糖をフライパンに入れてカラメル化してみました。外がカリカリで香ばしく中はふんわりです

a0124902_22393137.jpga0124902_22395113.jpg
材料(2人分)
・バゲット: baguette--- 厚切り4切れ(少し日が経って、固くなったもので構わない)
・卵: egg---1個
・牛乳: semi-skimmed milk---150ml
・グラニュー糖: granulated sugar---大さじ1+大さじ2
・バター: butter---大さじ2

a0124902_22402946.jpga0124902_22404776.jpga0124902_22412315.jpg
作り方
1.小さなボールに卵、牛乳、グラニュー糖---大さじ1を合わせ、フォークなどでよく混ぜ合わせる
2.平たいバットなどにバゲットを並べ、上から1.をかけて30分以上(一晩でも可)全体にしみ込むまで冷蔵庫に入れておく(パンの状態にもよりますが、途中で上下をひっくり返すなどして、中まで浸透させて下さい)
--------------------------------------------------
3.フライパンを弱めの中火に熱し、バターを溶かす(一度にフライパンに入り切らない場合は、バターと砂糖の量を半分ずつ2回に分けて焼いて下さい)
4.バターが溶けたら、バゲットを入れ片面約4〜5分ずつ、表面がこんがりきつね色になる程度に焼く
5.両面焼けたら、グラニュー糖を全体に振り、バゲットの両面を返しながら、全体に絡めるようにして出来上がり。お好みで更にジャムや砂糖、メイプルシロップなどをかけて、熱いうちにどうぞ. . .
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 22:50 | -パ ン

キクゴボウ(ブラックサルシフィ)のグラタン

a0124902_23225584.jpg
多分、日本では馴染みがない「キクゴボウ」(西洋ゴボウ)と呼ばれる野菜。アクがとっても強いので、準備がやや面倒かもしれませんが、とっても美味しい。日本のごぼうほど繊維質ではなく、ホワイトアスパラガスに似ているかな

a0124902_23231187.jpga0124902_2323322.jpg
材料(2人分)
・ブラックサルシフィ(キクゴボウ): black salsify---2本(約200g)
・スイートポテト: sweet potato---1本(約150g)(かぼちゃやバターナッツスクワッシュなど甘みのある野菜であれば何でも結構)
・ズッキーニ: courgetto---1本
・牛乳: semi-skimmed milk---300ml
・ホイップクリーム: whipping cream---大さじ3(少量加えると、コクのあるホワイトソースになります。あっさりがお好みであれば、その分の牛乳を増やして下さい)
・無塩バター: unsalted butter---大さじ2
・薄力粉: plain flour---大さじ2
・みそ: miso---大さじ1
・パルミジャーノ・レッジャーノ: Parmigiano reggiano---(すりおろして)大さじ2程度
・パン粉: breadcrumbs---大さじ2程度
・オリーブオイル: Olive oil---適量
・レモン汁、もしくはビネガー: lemon juice or vinegar---適量

a0124902_23242416.jpga0124902_23244045.jpga0124902_23253394.jpga0124902_23255831.jpg
作り方
1.大きめのボールにレモン汁、もしくはビネガーを少量たらしておく。ブラックサルシフィは皮を厚めに剥き、3cm程度の長さに切ったら、用意したボールに浸けてアク抜き、変色しないようにしておく
2.沸騰したお湯に少量のレモン汁、もしくはビネガーを入れ、約5分下湯でする
3.スイートポテトは皮をむき、一口大に、ズッキーニは1cm幅に切っておく
<ホワイトソース>
4.鍋にバターと小麦粉を入れ、弱火にかける。バターが溶けてきたら、木しゃもじなどで炒める(約2、3分)。牛乳を少しずつ加えながら、その都度ひたすら混ぜて、滑らかなホワイトソースを作る。牛乳が全て入ったら、火を止めてみそを溶き入れ、ホイッピングクリームも加える
5.グラタン皿にオリーブオイルを薄く敷き、用意した野菜を並べる。上からまんべんなくホワイトソースをかけ、パルミジャーノレッジャーノ、パン粉も振りかけたら、最後にオリーブオイルをかるくまき散らすようにしてふる
6.220℃(ガスマーク7)に温めておいたオーブンに入れ、表面に焦げ目が付くまで約20分焼いたらできあがり
[PR]
by mizue_uk | 2009-07-25 23:31

キャロットスープ

a0124902_2394726.jpg
ニンジンが美味しい国なので、ついつい買い過ぎることも多い私。これは、沢山ニンジンを消費できるやさしい味のスープです。使い道に困ったら、どうぞ

a0124902_2310112.jpga0124902_23101671.jpg
材料(4人分)
・ニンジン: carrots---3-4本(正味300g)
・タマネギ: onion---中1/2個
・ガーリック: garlic---1片
・オリーブオイル: olive oil---大さじ2
・トマトピューレ: tomato puree---大さじ1
・米(日本米、もしくはリゾットライス): rice---大さじ1(みみを除いたホワイトブレッド1切れでもOK)
・牛乳: semi-skimmed milk---100-150ml
・塩コショウ: Salt & freshly ground black peppercorns---少々
・シングルクリーム: single cream---お好みで

a0124902_23103133.jpga0124902_23104473.jpg
作り方
1.ニンジンは皮をむき、7〜8mmの小口切りにする。タマネギとガーリックは薄くスライスしておく
2.厚手の鍋にオリーブオイルを弱火で熱し、ガーリックを炒める。良い香りがしてきたらタマネギを入れ、3〜4分、しんなりするまで炒める
3.ニンジンを加え、全体に少し火が通った感じになるまで更に7〜8分炒める。お湯700mlと米(又はホワイトブレッド)を加え、いったん火を強める。沸騰直前まで温まったら、弱火に戻しトマトピューレを加える。時々かき混ぜながら約20分煮込む
--------------------------------------------------
4.ブレンダー(ミキサー)にかける。鍋に戻して、牛乳を加え、好みのとろみに調節する。塩コショウで味を整え、器に注ぐ。好みにより、シングルクリームで仕上げて下さい
[PR]
by mizue_uk | 2009-07-25 23:18
line

ロンドンでのレシピと日々


by mizue_uk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30