ロンドンで作る美味しいごはんのレシピ

ukfood.exblog.jp ブログトップ

タグ:チーズ ( 14 ) タグの人気記事

チコリ、くるみ、スティルトンのサラダ

a0124902_646161.jpg
マズかった〜!!
中傷するつもりは全くありません、本当に。某有名シェフのレシピより作ってみました。実はこのシェフのファンでもあり(だからレシピ本を持っている)、彼の才能やらセンスは素晴らしいと尊敬しているのです。レストランにも数回行った事があり、本当に美味しいと感動したのですが、これはイカンかった。
こういうこと時々あるのですが、日本人、もしくは私のテイストには合わないのです。甘いサラダや肉の料理にそう思う事があり、塩気と甘さや酸味のバランスがどうにも崩れている感じ。ひょっとしたらこれは個人の好き嫌いというだけなのかもしれないのですが。
敢えて載せてしまいます。このレシピで作ってみて「いや、美味しいよ。」などのご意見、実は期待しています。是非お試し下さい 笑


材料(4人分)
・チコリ: chicory---4株
・スティルトンチーズ: Stilton---75g
・くるみ: walnuts---60g(乾煎りし、軽くつぶす)
<ドレッシング>
・ハチミツ: runny honey---大さじ1.5
・イングリッシュマスタード: English mustard---大さじ1.5
・クルミオイル: walnut oil---大さじ3
・オリーブオイル: olive oil---大さじ3
・塩コショウ: salt & ground black peppercorns---少々

作り方
1.チコリは外側の葉を1枚ずつはがす(中心部の芯と小さい葉は他の料理に使って下さい)
2.スティルトンはパラパラとほぐし、くるみと共にチコリの葉に散らすようにして盛りつける
3.ドレッシングの材料をすべて混ぜ合わせ、塩コショウで調味する。ドレッシングを2.の上にまんべんなくかける。白ワインと一緒にどうぞ〜

と言うことらしい。私は下戸で、スティルトンも得意なチーズではないですが、それにしても???苦みと塩気、甘さがぐちゃぐちゃな感じ。
カテゴリーに「お蔵入り」を追加してしまいました


Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓押していただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
[PR]
by mizue_uk | 2009-11-29 06:44 | お蔵入り

ハルミチーズとピーマン、トマトのサラダ

a0124902_4305511.jpg
ギリシャのハルミチーズは独特の「ぎゅうぎゅう」と言う歯ごたえが楽しいのですが、塩分も多くカロリーも高め。熱しても溶けないこのチーズをなんとかさっぱり、更に美味しく食べたくて、試行錯誤。たっぷりのトマトと、少し面倒ですがグリルしたピーマンでとっても美味しいサラダが出来ました。はじめて食べたとき、美味しい美味しいと2人分ペロリと食べてしまいました(笑)。
このレシピは2009年8月ロンドンの日系情報誌「ジャーニー」にて紹介されました


a0124902_433674.jpga0124902_4332249.jpg
材料(4人分)
・ハルミチーズ: halloumi cheese---1個
・ピーマン: peppers---3個
・トマト: tomatoes---5個
・小麦粉: plain flour---大さじ1程度
・オリーブオイル: olive oil---大さじ1
<マリネドレッシング>
・エクストラヴァージンオリーブオイル: extra virgin olive oil---大さじ3
・レモン汁: freshly squeezed lemon juice---小さじ2
・バルサミコ: balsamic vinegar---小さじ1/2
・ホワイトビネガー: white vinegar---小さじ1
・塩: sea salt---小さじ1/2
・コショウ: black pepper---少々
・ミントの葉: fresh mint---適量(お好みで)

a0124902_4333632.jpga0124902_434441.jpga0124902_4341778.jpga0124902_4343454.jpga0124902_4353128.jpga0124902_4354637.jpg
作り方
1.ピーマンは丸ごとグリルする。途中回転させて全体に焦げ目がつくまでグリルする(火の強さにもよりますが、15分くらいかかります)
<グリルしている間に>
2.トマトは湯むきし、種をさっと取り除いて、3cm角程度に切る
3.ミントの葉をみじん切りにする。小さなボールにマリネドレッシングの材料を混ぜ合わせる
4.ピーマンがグリル出来たら、皮をむき、種を取り除いて、3cm角程度に切る
5.ピーマンとトマトをマリネドレッシングで和え、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておく
6.チーズは半分に切り、1cmくらいの厚みにスライスしたら、余分な水分をキッチンペーパーで取り、軽く小麦粉をはたく
7.中火に熱したフライパンでチーズの両面をこんがり焼く
8.食べる直前に5.のボールにチーズを合わせ、全体をさっくり混ぜたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
[PR]
by mizue_uk | 2009-09-23 04:50

ゴーダチーズの焼きおにぎり

a0124902_4545293.jpg
チーズをテーマにレシピを作ろうと思い、なぜか、どうしてもご飯と合わせたかった . . .のですが、なんだかしっくり来ない、しょうゆでも、みそでもちょっと違う。そして「梅干し!!」これが、ご飯にはもちろんチーズにもあって、この2つを上手くつなげてくれたのでした。梅干しに感謝。このレシピは2009年8月ロンドンの日系情報誌「ジャーニー」にて紹介されました。少し焦げたチーズが香ばしくて美味しいです。小さいけれどボリュームあります

a0124902_455722.jpga0124902_4552078.jpg
材料(2人分)
・冷やご飯: boiled rice---1膳
・ゴーダチーズ: gouda cheese---50g
・梅干し: pickled prum---1個
・サラダオイル: vegetable, sunflower or corn oil---少々
・黒ごま: toasted black sesame---好みで少々

a0124902_455338.jpga0124902_4555091.jpga0124902_456572.jpg
作り方
1.チーズは7〜8mm角に切り、梅干しは種を取り刻む
2.冷ご飯をレンジで1分程温め(温めた方がおにぎりが作りやすい)、チーズと梅干しを加えて混ぜ合わせる。小さめの丸いおにぎりを4個作る
3.フライパンを熱し、水で濡らした(ごはんがくっつかないように)フライ返しでおにぎりを押さえながら、焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。途中チーズが溶けて形が壊れそうになりますが、そのまま少し押さえて焼いていると固まってきます。お好みでごまをふってどうぞ
Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
[PR]
by mizue_uk | 2009-09-06 05:13

モッツァレッラチーズとおかか

a0124902_23393041.jpg
超簡単!!ローカルにも日本人にも大ウケしました。おかかのしょうゆ味がモッツァレッラのミルキーな味を更に引き立ててくれます。美味しいチーズで是非試して下さい

a0124902_23384229.jpga0124902_2339519.jpg
材料(4人分)
・モッツァレッラチーズ: mozzarella---250g
・おかか: dried bonito (shavings)---6g(2パック)
・しょうゆ: soy sauce---小さじ1.5-2
・チャイブ: chives---適量
・オリーブオイル: olive oil---大さじ1程度
・わさび: wasabi---適量

a0124902_23385939.jpga0124902_23414536.jpga0124902_23401721.jpg
作り方
1.小さなボールにおかかとしょうゆを入れ、混ぜ合わせる
2.皿にモッツァレッラチーズを手で割くようにして広げ、中央におかかしょうゆをのせる
3.好みでわさびものせたら、チャイブをキッチンバサミで切りながら散らせる。最後にオリーブオイルを回して出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 23:46

卵とほうれん草のココット

a0124902_2365750.jpg
ソテーしたほうれん草に目玉焼き、でも良いのですが、ちょっと手を加えると豪華な気分になるので。半熟卵が美味しいので、新鮮なオーガニック卵を使って下さい

a0124902_2371129.jpg
材料(2人分)
・有機卵: organically produced free range hens eggs*---2個
・ほうれん草: spinach---1パック(250g)
・ホイップクリーム: whipping cream---大さじ4
・パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano---(すりおろして)大さじ4
・塩コショウ: salt & ground black peppercorns---少々
・バター: butter---大さじ1

a0124902_2384626.jpga0124902_239137.jpga0124902_2393072.jpg
作り方
1.ほうれん草は、袋の上から竹串などで表裏3カ所程度ずつ穴を空けて、レンジで裏表40秒ずつ加熱する。水にさらした後、水気を絞る(大きければ切って下さい)。パックに入っていないほうれん草の場合は、軽くゆでて水気を絞ってから、一口大に切って下さい
2.耐熱器の内側にそれぞれバターを塗り、ほうれん草を2つに分けて入れ、真ん中を少し凹ませる。凹ませた部分に卵を割り入れ、塩コショウする
3.パルミジャーノ・レッジャーノを振り、上から全体を覆うようにしてホイップクリームをかける
4.190度(ガスマーク5)に温めたオーブンに入れ、15分程度焼いたら出来上がり。熱いうちにどうぞ
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 23:15

ハムとチーズのホットサンド

a0124902_5574754.jpg
「クロックムッシュ!!」と言いたかったのですが、材料を考えてみたら、イタリアのパン、スイスのチーズ、イギリスのハムを使っていました。材料が美味しいと単純なサンドイッチも上等に。フライパンで焼くひと手間で美味しくなります

a0124902_558527.jpga0124902_5582849.jpg
材料(2人分)
・チアバッタ: Ciabatta---大1個
・ハム: ham---2枚
・ゴーダチーズ: gouda cheese---2枚(熱で溶けるタイプなら何でも)
・バター: butter---大さじ2程度

a0124902_559291.jpga0124902_5592341.jpg
作り方
1.パンを2つに切って、厚みをスライスする。間にバターを塗って、ハムとチーズをはさむ
2.フライパンにバター半量を入れ、弱めの中火で熱する。具を挟んだパンをフライパンに入れ、フライ返しなどで少し押さえつけるようにしながら5分程度温める
3.裏返して、残りのバターを足したら、更に5分程度チーズがとろけるまで焼いて出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 06:04 | -パ ン

ドライトマトとパルミジャーノのベーグル

a0124902_055622.jpg
ドライトマト、パルミジャーノレッジャーノ、ロケット(ルッコラ)の相性はスゴイ。なんだかバカバカしい感じのレシピですが、サラダにしても美味しい組み合わせだと思います

a0124902_061383.jpga0124902_062958.jpg
材料(1人分)
・プレーンベーグル: plain bagel---1個
・ドライトマト: sun-dried tomatoes---3枚(ぬるま湯で20分程度戻しておく)
・パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano---適宜
・ロケット: rocket---1つかみ
・マヨネーズ: mayonnaise---適宜
・バター: butter---適宜
・コショウ: ground black peppercorns---好みで

作り方
1.戻したドライトマトを幅1cm程度に切っておく。パルミジャーノは薄くスライスしておく
2.ベーグルをトーストし、バターを薄く塗る。片面にマヨネーズを塗り、ロケット、ドライトマト、パルミジャーノをのせる。好みでコショウをしたら、上からもう片方のベーグルをのせて出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 00:42 | -パ ン

アボカド丼

a0124902_10355539.jpg
なぜチーズをトッピングしたのか自分でもナゾですが、これがイケるのです。普通のご飯じゃ寂しい、小さな丼が欲しいときにどうぞ. . .

a0124902_1036854.jpga0124902_10362562.jpg
材料(2人分)
・炊きたてのごはん: boiled rice---2膳分
・アボカド: avocado---1個
・マヨネーズ: mayonnaise---50g
・しょうゆ: soysauce---小さじ2
・わさび: wasabi---小さじ1/2~1
・もみのり: laver(nori)---適量
・パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano---適量

a0124902_1036395.jpga0124902_1036554.jpg
作り方
1.アボカドは縦半分に切り、種と皮を除いたら、一口大に切る
2.パルミジャーノレッジャーノは薄くスライスする
3.マヨネーズとしょうゆ、わさびは小さなボールなどに入れ、よく混ぜ合わせ、アボカドと和える
4.ご飯をよそい、もみのりをのせ、3.をかけ、上にパルミジャーノをのせて出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-03 10:39

カルボナーラ

a0124902_22425315.jpg
改めてここで紹介するレシピでもないとは思うのですが、パンチェッタとベーコンは明らかに違う、という事を主張したい、そして多分パンチェッタも日本よりは手に入りやすいと思うので。この方法だと失敗が少なく、いい具合に卵に火が入ると思います

a0124902_2243721.jpga0124902_22432153.jpg
材料(2人分)
・パンチェッタ(さいの目に切ってあるもの): cubetti di pancetta---60g(固まり、あるいはスライスになっているものをカットしても可)
・エキストラ・バージン・オリーブ・オイル: Extra virgin olive oil---小さじ1
・パルミジャーノ・レッジャーノ: Parmigiano reggiano---擦りおろして大さじ4
・卵(Mサイズ): medium eggs---2個
・シングルクリーム: single cream---大さじ4
・リングイネパスタ: linguine---220g
ブラックペッパー: ground black peppercorns---少々

a0124902_22433690.jpga0124902_22435215.jpg
作り方
1.パスタをゆで始める
<パスタをゆでている間に>
2.大きめの耐熱ボールに卵、パルミジャーノとシングルクリームを入れて、フォークなどで混ぜ合わせる
3.フライパンにオイルを入れて弱火にかけ、パンチェッタを焦がさないように、香ばしく炒まったら、すぐにオイルごと1.のボールに注ぎ、混ぜる
<パスタがゆであがったら>
4.パスタのお湯をよく切り、3.のボールに手早く(!!)混ぜ合わせ、皿に盛る。ブラックペッパーをたっぷり振ってどうぞ
[PR]
by mizue_uk | 2009-07-29 22:49

りんごのカルパッチョ

a0124902_6203617.jpg
一応おかずです。りんごの酸味にチーズの塩気、くるみの香ばしさが加わって、なんとなく箸がすすむ前菜です。ちょっと聞き慣れないホワイトバルサミコが味のポイントですが、なければレモン汁で代用して下さい。このレシピは2009年8月ロンドンの日系情報誌「ジャーニー」にて紹介されました

a0124902_6214495.jpg
材料(2人分)
・りんご: cox, braeburn, golden delicious applesなど---2個
・卵: egg---1個
・パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano---約20g
・小さいきゅうりのピクルス: cornichon---20g(約3本程度、gherkinでも可)
・エクストラバージンオリーブオイル: extra virgin olive oil---大さじ1
・ホワイトバルサミコ: white balsamic vinegar***---小さじ1.5
・くるみ: walnuts---20g
・塩コショウ: salt & ground black peppercorns---少々

a0124902_622896.jpga0124902_621201.jpg
作り方
1.卵は塩少々を加えた水に入れ、火にかけ、沸騰してから約15分ゆでて、固ゆで卵を作る。すぐに冷たい水で冷やして殻を剥いておく
2.リンゴは皮を剥き、芯を取り(半分にしてから、スライスしても良い)、スライサーなどでスライスし、塩水にくぐらせた後、水気を良く切っておく
3.ピクルスはみじん切り、パルミジャーノは薄くスライスしておく
4.くるみは粗みじんにし、フライパンでから煎りしておく
5.大きめの平たい皿に、リンゴを平たく並べ、上からオリーブオイルを回しかける。バルサミコを散らすようにして、振りかけ、更にピクルスとくるみを順にのせたら、最後にゆで卵を擦りおろしながら中央に盛る。塩コショウをパラリと振って、出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-07-27 06:26
line

ロンドンでのレシピと日々


by mizue_uk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31