ロンドンで作る美味しいごはんのレシピ

ukfood.exblog.jp ブログトップ

タグ:りんご ( 10 ) タグの人気記事

カラメルアップルパイ

a0124902_7181934.jpg
最近のデザート大ヒット。パイ生地さえあれば、いろんなフルーツでアレンジ出来て簡単。フルーツをバターとお砂糖で炒めて、パイ生地の中央に載せるだけ。ラフなタルトタタン風のパイが出来上がります。
パイ生地は冷凍や冷蔵ものが簡単に手に入りますが、冷蔵の方が日持ちしない分、美味しいと思います。りんごは調理用の酸味のしっかりしたもの、アイスクリームは是非美味しいものを!


a0124902_6434035.jpga0124902_6435559.jpg
材料(4人分)
・(市販の)パイ生地: pastry sheet---2/3枚(10cm角が4枚分)
・(ブラムリーアップル)りんご: Bramley apples---3個(正味500g)
・無塩バター: unsalted butter---大さじ2
・グラニュー糖: granulated sugar---大さじ4
・ブランデー、もしくは白ワイン: brandy or white wine---大さじ2
・バニラアイスクリーム: vanilla ice cream---適量
・粉砂糖: icing sugar---適量
*オーブンを200℃に温め、天板にオーブンシート: baking parchmentを敷いておく

a0124902_644917.jpga0124902_6442253.jpga0124902_644352.jpg
作り方
1.りんごは皮を剥き、4分割。芯を取り除いたら一つを縦半分にし、一口大に切る
2.フライパンを中火にかけ、バターを溶かす。りんごを入れ、上からグラニュー糖を振りかける
3.フライパンを時々揺すりながら、カラメル化するまで約10分ほど火にかける。途中焦げそうになったら水---大さじ1を加えて下さいこのときあまり混ぜ過ぎると、りんごの形が崩れてしまうので、そっとひっくり返す程度にして下さい
<りんごを火にかけている間に>
4.冷蔵庫からパイ生地を出し、10cm角程度に切って、シートを敷いた天板に並べておく
5.りんごが茶色く色づいてきたら、飴状にならないようにブランデーかワインを振りかけ、火から下ろす
6.パイ生地の上に、カラメル化したりんごを中央に載せ、200℃に温めたオーブンで15〜20分程度、パイ生地が膨らんで少し色づくまで焼く。好みでアイスクリームを載せ、アイシングシュガーを茶こしなどで振りかけたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓押してもらえると非常に嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by mizue_uk | 2009-10-30 07:12 | -デザート

アップルプレザーブ

a0124902_21551275.jpg
季節になるとBuy1 Get 1でよく売られているリンゴ
迷わず買ってプレザーブにしています。Coxが合うのか、都度塩水に浸けるのが良いのか、きれいなべっこう色に仕上がります。ジャム代わりにパンに塗って食べるほか、プレーンヨーグルトやアイスクリームにも


a0124902_21553661.jpga0124902_21555255.jpga0124902_2156673.jpg
材料(ジャム2瓶分)
・リンゴ(Coxなど酸味のあるもの): Cox apples---5個(約500g)
・グラニュー糖: granulated sugar---300g
・レモン汁: freshly squeezed lemon juice---1/2個分
・塩: salt---ひとつまみ

a0124902_21562895.jpga0124902_21564854.jpga0124902_2157565.jpg
作り方
1.大きなボールに薄い塩水を用意する。リンゴは皮をむいて4つに切り、芯を取り除きスライスする。色が変わらないように都度すぐに塩水に浸けておく。リンゴをすべてスライスし終えたら、ざるにあげて水気をよくきる
2.鍋にリンゴとレモン汁を入れ、グラニュー糖をまぶす(水は入れない)。弱火に約10分かける
3.リンゴから水気が出て、ひたひたかぶる程度の水分になったら、そのまま焦げないように気を付けながら30分ほど煮続ける。時々形を崩さないように、そっとかき混ぜ、リンゴが透明なべっこう色になったら、火から下ろしてそのまま冷ます。水分が多いように見えても、冷めるとちょうどいい固さになります

a0124902_21573176.jpgこんな食べ方もどうぞ
プレーンヨーグルトにのせてシナモン少々をプラス
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-10 22:04 | -デザート

フルーツサラダ

a0124902_2352542.jpg
あちこちで自慢(!?)していることですが「イギリスはフルーツが豊富で美味しい!!」レシピと言うほどでもないと思っているのですが、ローカルの友人達に「どこで買って来たん?」と尋ねられることが数回あったので. . .どのフルーツがないと作れない、なんてルールは一切ナシ。好きなフルーツでいろんな組み合わせを試してみて下さい

a0124902_23522115.jpg
材料(8人分)
・リンゴ(ブリーバーン): braeburn apples*---2個
・グレープフルーツ(白): white grapefruit---1個
・グレープフルーツ(赤): red grapefruit---1個
・ネクタリン: nectarines---3個
・マンゴー: mango---中1個
・グラニュー糖: granulated sugar---100g
・レモン汁: lemon juice---1/2個分

a0124902_2338255.jpga0124902_2352523.jpga0124902_23533640.jpg
作り方
1.ボールにグラニュー糖100gとお湯---300mlを入れて混ぜる。レモン汁を加えて冷まし、シロップを作る
<シロップが冷めたら>
2.フルーツを一口大に切ってシロップにどんどん漬けていく(グレープフルーツの切り方を参考までに)。すぐでも食べられますが、冷蔵庫で数時間冷やした方が美味しい
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-08 23:58 | -デザート

りんごとグレープフルーツのゼリー

a0124902_6432068.jpg
ゼリーと言うよりは、フルーツがとろっとゆる〜いゼリーに包まれた感じのさっぱりデザート。食後に最適、色も爽やかです

a0124902_6433448.jpg
材料(8人分)
・リンゴ(グラニースミス): Granny smith apples---3個
・グレープフルーツ(白): White grapefruit---1個
・グレープフルーツ(赤): Red grapefruit---1個
・レモン汁: lemon juice---小さじ1
・白ワイン: white wine---大さじ2
・グラニュー糖: granulated sugar---大さじ4
・粉ゼラチン: gelatine powder---1/2袋(約6g)

a0124902_652530.jpga0124902_644429.jpga0124902_64523100.jpg
作り方
1.粉ゼラチンを水---大さじ2でふやかす
2.耐熱ボールに水---250ml、レモン汁、白ワイン、グラニュー糖を混ぜ合わせておく
3.リンゴは皮をむいて、芯を取り除き、1つを8つ割にする。2.のボールにリンゴを入れ、ゆったりラップをし、レンジにかける(800Wで5分)
4.ラップを少しはがして混ぜ合わせたら、ラップを再びかぶせて5~10分程度おく(余熱でリンゴが透明になる)
5.やけどしないように注意しながら、リンゴを取り出して1つを3つ程度に切る
6.1.のゼラチンを入れ、泡立器などでしっかり混ぜ合わせる(シロップが温かいので溶ける)
7.グレープフルーツは皮をむき、1房を3つ程度に分け、5.のリンゴとともにボールに戻して軽く混ぜ合わせる
8.容器(大きな容器、又はグラスに小分けしてもOK)に移し、冷蔵庫で冷やし固める(約7~8時間、一晩固めても可)
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-08 06:56 | -デザート

グリーンフルーツサラダ

a0124902_23341787.jpg
単にグリーン色のフルーツを合わせただけなんだけど、色の取り合わせ方、フルーツの切り方一つで表情が違って来るから不思議。他に「赤いフルーツサラダ」や「オレンジのフルーツサラダ」もやってみるつもりです

a0124902_23343082.jpga0124902_2338255.jpga0124902_23361789.jpg
材料(2人分)
・リンゴ(グラニースミス): Granny Smith---2個
・種なしグレープ(グリーン): seedless grapes---1/2房
・キウイ: kiwies---3〜4個
・グラニュー糖: granulated sugar---100g
・レモン汁: freshly squeezed lemon juice---1/2個分
*他にメロンなどを加えても

作り方
1.ボールにグラニュー糖100gとお湯---300mlを入れて混ぜ、シロップを作る。レモン汁を加えて、冷ます
<シロップが冷めたら>
2.リンゴはよく洗い、芯を取ったら1個を12〜16つに切る。グレープも良く洗い、1粒ずつ茎の付いている部分を少し切り取る。キウイは皮を剥き両端を切り落としたら、1つを4〜5にスライスする(大きければ半分に切って下さい)
3.切ったフルーツからどんどんシロップに漬けてゆく。すぐでも食べられますが、冷蔵庫で数時間冷やした方が美味しい
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-07 23:42 | -デザート

りんごのパウンドケーキ

a0124902_4591769.jpg
家で焼くケーキは大体こんな感じ。素朴で甘すぎず、朝食にもなるようなものが多いです。卵を別に泡立てることもなく、ボールに材料を足してゆくので手軽に作れます。リンゴを生のまま加えるので、焼き上がりもしっとりですが、その分日持ちはしません。2、3日中に食べ切って下さい

a0124902_4593178.jpga0124902_4595199.jpg
材料(10切れ分:20×11×7cm)
・リンゴ: apples---2個(グラニースミス:Granny smith、もしくはブリーバーン: Braeburn)
・シナモン: cinnamon---小さじ1/2
・無塩バター: un-salted butter---100g(室温に出しておく)
・ライトブラウンシュガー: right brown muscovado sugar---100g
・卵: eggs---中2個
・薄力粉: plain flour---120g
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ1
・牛乳: semi skimmed milk---大さじ1
*オーブンを160度に温めておく

a0124902_502475.jpga0124902_51235.jpga0124902_513645.jpga0124902_52996.jpga0124902_523015.jpga0124902_52584.jpg
作り方
1.薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく
2.リンゴをいちょう切りにして、材料の中からライトブラウンシュガー---大さじ1とシナモンを振りかけ、全体を混ぜ合わせておく
3.ボールに無塩バターを入れ、泡立器で柔らかくする。ライトブラウンシュガーを加え、白っぽく、もったりした感じになるまで泡立てる
4.卵を1個ずつ加え、更に牛乳も入れたら、よく混ぜあわせる(ここまで泡立器)
5.ゴムベラに切り替えて、合わせた薄力粉とベーキングパウダーを一度に入れ、さっくり混ぜ合わせる。リンゴも加え、全体を均一に混ぜ合わせる
6.オーブンペーパーを敷いた型(写真の様に型に合わせてペーパーを切り、ホッチキスで止めると便利)に、流し入れ、台の上でトントンと空気を抜いたら、温めたオーブンで焼く(約45分)。竹串を刺してみて、生地がついてこなければ出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-07 05:12 | -デザート

りんごのカルパッチョ

a0124902_6203617.jpg
一応おかずです。りんごの酸味にチーズの塩気、くるみの香ばしさが加わって、なんとなく箸がすすむ前菜です。ちょっと聞き慣れないホワイトバルサミコが味のポイントですが、なければレモン汁で代用して下さい。このレシピは2009年8月ロンドンの日系情報誌「ジャーニー」にて紹介されました

a0124902_6214495.jpg
材料(2人分)
・りんご: cox, braeburn, golden delicious applesなど---2個
・卵: egg---1個
・パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano---約20g
・小さいきゅうりのピクルス: cornichon---20g(約3本程度、gherkinでも可)
・エクストラバージンオリーブオイル: extra virgin olive oil---大さじ1
・ホワイトバルサミコ: white balsamic vinegar***---小さじ1.5
・くるみ: walnuts---20g
・塩コショウ: salt & ground black peppercorns---少々

a0124902_622896.jpga0124902_621201.jpg
作り方
1.卵は塩少々を加えた水に入れ、火にかけ、沸騰してから約15分ゆでて、固ゆで卵を作る。すぐに冷たい水で冷やして殻を剥いておく
2.リンゴは皮を剥き、芯を取り(半分にしてから、スライスしても良い)、スライサーなどでスライスし、塩水にくぐらせた後、水気を良く切っておく
3.ピクルスはみじん切り、パルミジャーノは薄くスライスしておく
4.くるみは粗みじんにし、フライパンでから煎りしておく
5.大きめの平たい皿に、リンゴを平たく並べ、上からオリーブオイルを回しかける。バルサミコを散らすようにして、振りかけ、更にピクルスとくるみを順にのせたら、最後にゆで卵を擦りおろしながら中央に盛る。塩コショウをパラリと振って、出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-07-27 06:26

ポークハンバーグ

a0124902_22543997.jpg
普通ハンバーグと言えば、ビーフが主だけれど、ポークでやってみたら美味しかった。リンゴを加えることによって、旨味が出るような気がします。経済的なのも嬉しいおかず。ソースもケチャップ系よりはちょっと酸味のあるクリーム系が合うと思います。
このレシピは2009年8月ロンドンの日系情報誌「ジャーニー」にて紹介されました


a0124902_22545792.jpga0124902_22551096.jpg

材料(4人分)
・豚ひき肉: minced pork---500g
・リンゴ: apples---2個(どんな種類でも)
・タマネギ: onion---小1個
・ベーコン(薄切り、脂と赤みが層になっているタイプ): rindless streaky rashers bacon---3枚
・卵(Mサイズ); medium egg---1個
・パン粉: breadcrumbs---30g
・セージ: dried sage---小さじ1/2
・サラダオイル: vegetable, sunflower or corn oil---大さじ1
・塩コショウ: salt & ground black peppercorns---少々
<ソース>
・白ワイン: white wine---大さじ4
・アンチョビ: anchovies---小4枚
・シングルクリーム: single cream---80ml
・マスタード: wholegrain mustard---大さじ1.5
・ケイパー: capers---大さじ2
・フラットパセリ: flat parsley---大さじ
<ソテー用(お好みで)>
・リンゴ: apples---1個
・無塩バター: unsalted butter---小さじ1

a0124902_22553121.jpga0124902_22554463.jpga0124902_2256321.jpga0124902_22561927.jpg

作り方
1.リンゴは皮を剥き、眼の粗いおろし金で擦りおろす(ソテー用のリンゴを添える場合は、くし型にリンゴを切り、塩水にくぐらせたあと、水気を切っておく)
2.タマネギはみじん切り、ベーコンは幅5mm程度に小さく切っておく
3.サラダオイル以外のタネの材料を全部ボールに入れ、粘りが出るまでよく捏ねる。4等分し、小判型に成型し、中央を少しくぼませる
4.フライパンを中火で熱し、ハンバーグをそっと入れ、蓋をして約3分、焦げ目が付いたら裏返して火を弱め、更に5分程度火を通す
5.盛りつけ用の皿に取り分けて、ハンバーグを焼いた後のフライパンにワインを注ぎ、鍋底を洗うようにしたら、小鍋に移す
6.アンチョビを崩しながら、シングルクリーム、マスタード、ケイパーを合わせ、一煮立ちしたら、最後にパセリを加える。ハンバーグの上にかけて出来上がり
<ソテー>
5.の空いたフライパンにバターを入れ、くし型に切ったリンゴを焦げ目が付く程度にさっとソテーして添えて下さい
[PR]
by mizue_uk | 2009-07-03 23:24

りんごとポークのハヤシライス風

a0124902_22402790.jpg
こんなに入って大丈夫?と思うくらいリンゴを沢山使うのですが、まぁ騙されてみて下さい。懐かしい味のハヤシライス風です。缶詰不要、簡単に出来るドミグラスソースも便利です。このレシピは2009年8月ロンドンの日系情報誌「ジャーニー」にて紹介されました

a0124902_22404120.jpga0124902_22405781.jpg

材料(4人分)
・リンゴ(グラニースミス): Granny Smith apples---2個
・ポークフィレ肉: fillet of pork---約500g
・マッシュルーム: mushrooms---250g
・タマネギ: onions---中1個
・赤ワイン: red wine---200ml
・薄力粉: plain flour---大さじ1
・無塩バター: unsalted butter---大さじ2
・ビーフスープの素: beef stock cube---1個
・グリーンピース(冷凍): frozen pees---大さじ4
・塩コショウ: salt & ground black peppercorns---少々
<ドミグラスソース>
・リンゴ(グラニースミス): Granny Smith apples---1個
・タマネギ: onion---小1個
・トマトピューレ: tomato puree---大さじ4
・中濃ソース: semi-sweet sauce---大さじ2
・しょうゆ: soy sauce---大さじ2

a0124902_22423541.jpga0124902_22425160.jpga0124902_2243914.jpga0124902_22433479.jpg

作り方
1.フィレ肉は厚さ3mm程度に切り、軽く塩コショウをして、薄力粉を薄くまぶす。タマネギは半分に切ってから1cm幅程度に、マッシュルームは薄くスライスしておく。リンゴは皮を剥いて、8分割、一口大に切る
2.厚手の鍋を中火にかけ、バターを溶かしてフィレ肉を炒める。色が変わったら、マッシュルームとタマネギを合わせ、更に2、3分炒める。
3.赤ワインを注ぎ、軽く沸騰したら火を弱め、ビーフコンソメの素も潰しながら加えて煮る(途中、もし焦げそうだったら、水を少し加えて下さい)
<ドミグラスソース>(煮ている間に)
4.ソースの材料のリンゴ---1個とタマネギは皮を剥いて擦りおろし、残りの材料と一緒に小さな耐熱ボールに入れて混ぜ合わせる
5.電子レンジ(800W)で約1分、いったん取り出して軽く混ぜ合わせ、更にもう1分かける(電子レンジがない場合は小鍋にソースの材料を入れて、約5分間煮詰めて下さい)
--------------------------------------------------
6.3.の鍋に5.のソースを加えて約10分間、蓋をして煮込む
7.リンゴを加えて、更に7〜8分、水分がまだ多いようであれば蓋を取って煮詰める
8.塩コショウで味を整え、火を止める数分前にグリーンピースを加えたら、出来上がり。温かいご飯にかけてどうぞ
[PR]
by mizue_uk | 2009-07-03 22:52

フェネルとりんご、くるみのサラダ

a0124902_0473634.jpg
「わぁ、おしゃれなサラダ~」と言われる事が多いのですが、作り方は至って簡単。イギリスでは特に珍しい材料でもないですし、リンゴの甘さがフェネルによく合います。フェネルの香りが苦手な人はマヨネーズと和えてみて下さい

a0124902_0475723.jpga0124902_0481263.jpg

材料(4人分)
・フェネル: fennel---1株
・くるみ: walnut---50g
・りんご: apple---1個(酸っぱ過ぎない、そのまま食べて美味しいりんごを使って下さい)
・オリーブオイル: olive oil---大さじ2
・レモン汁: fresh squeezed lemon juice---大さじ1
・塩コショウ: salt & ground black peppercorns---少々

作り方
1.くるみは40秒ほど電子レンジにかけるか、フライパンでから煎りした後、冷めてから、粗く刻んでおく
2.フェネルは縦半分に切り、薄くスライスする
3.りんごは皮を剥き、4つに切ったら、薄くスライスし、塩水にいったんさらして、色が変色しないようにする
4.水気を切ったりんごとフェネルをボールに入れる。オリーブオイル、レモン汁、塩コショウと共に混ぜて、1.のくるみも加えてざっと和えれば出来上がり(水分が出てしまうので、和えたらすぐに召し上がって下さい)
[PR]
by mizue_uk | 2009-06-18 00:53
line

ロンドンでのレシピと日々


by mizue_uk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30