ロンドンで作る美味しいごはんのレシピ

ukfood.exblog.jp ブログトップ

チャーシュー

a0124902_6473883.jpg
中国の香りがいっぱいのチャーシュー。この場合のバラ肉は「幸せな豚」ほど上等でなくっても構いませんが、できればスーパーの肉カウンターで買ったもので作ってみて下さい(予めパックされているものよりもきっと!!美味しいはず)
黒い色が美味しそうに見える食べ物ってあるものですね。
この濃い口醤油は中国の醤油。ドロリとしているのですが、色ほどは辛くなく、迫力が出るもんだなぁーと思います。なければ普段使いのお醤油で構いません。
そしてそして、これはそのまま薄く切って食べるよりは、ラーメンに合うのです!!ラーメンの為だけに、このチャーシュー
『つくれます』
ちょっと甘い香りいっぱいのチャーシューが、塩辛いラーメンにとてもよく合うのです。材料さえ揃えば、調味料に漬け込んでオーブンで焼くだけ。残ったら冷凍も出来ます。
あ、ラーメンのレシピ、ちょっと待ってください . . .


a0124902_647558.jpga0124902_6481673.jpg
a0124902_6565686.jpga0124902_6484713.jpg
材料(6~8人分)
・豚バラ肉: pork belly---1kg
<調味料>
・濃口醤油(中国産): chinese dark soy sauce---70ml
・紹興酒: shaoxing cooking wine---50ml
・ハチミツ: honey---大さじ1
・しょうが: ginger---20g
・にんにく: garlic---2かけ
・八角(スターアニス): star anise---1個
・花椒: Szechuan pepper---小さじ1


a0124902_649224.jpga0124902_6491682.jpga0124902_6492917.jpg
作り方
1.しょうがはスライス、にんにくは包丁の背などでたたきつぶす。花椒も(あればすりこぎなどで)粗くつぶしておく。豚バラ肉の外側、固い皮が苦手な場合は削ぎ取って下さい
2.調味料全てを混ぜ合わせ、豚バラ肉に1晩漬けておく。途中で上下ひっくり返すこと
*オーブンを200度に温め、トレーにオーブンシート: baking parchment paperを敷いておく
3.温まったオーブンで約30分、中に火が通るまで焼く。
4.焼いている間に、調味料をいったん沸騰させて(殺菌のため)から、冷ましておく。火が通った肉を調味料に漬け、蓋かラップをしておく(しっとり仕上がります)。ここで、放っておくと熱が蒸発してぱさぱさの固いチャーシューになってしまいます
5.あら熱が取れたら薄く切り分けてどうぞ。調味料はつけだれとして使って下さい

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

[PR]
# by mizue_uk | 2010-01-15 07:30

2010年1月14日(木)

a0124902_573735.jpga0124902_575359.jpg

「お寿司」
-巻き寿司&裏巻き
-パースニップのかき揚げ
-小豆の寒天よせ

ここ数日の雪で、実は今日の教室どうしようか . . .と気弱になっていたところでした。が、お子様も皆さんも元気にいらして下さいました。
途中、お腹の空いた子供たちが待ちきれずにお寿司の具や端っこを食べたり、素揚げしたパースニップが思わぬ美味しさで、先に皆でつまみ食いしてしまったり 笑。

そろそろお開きムードな頃に、外出していた界が帰って来ると、また盛り上がって、子供たちは大はしゃぎ。最後の方は家じゅう走り回って、ナーサリー化。午前中から夕方まで丸一日の料理教室(料理は2〜3時間で終了なんですけどね)、となりました。
当初は、界が昼寝なしだと持たなかったので、可哀想だったり、他の子供たちも昼寝が必要な子供が居たりして、どうすればよいやら . . .と戸惑っていましたが、それにもなんとか慣れてきました。
こうやって、「料理」を中心にして、皆が楽しくリラックスできる空間とか時間を創りたかったので、本望です . . .ヘンな料理教室なんだけど、長居、大歓迎なのです。
皆さん、本日もどうもありがとうございました。ちゃーんと巻き寿司、復習して下さいね。

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

[PR]
# by mizue_uk | 2010-01-15 05:30

ラーメン食べたいな

a0124902_814295.jpg
年末年始に中華チャーシューを作って、それをラーメンにしました。
そのまま食べても美味しかったチャーシューですが、これがまたラーメンにすると、本当にンマイ!!ラーメンの塩気と、チャーシューの甘さ加減が絶妙だったのでした。(レシピは追って紹介しますね)

そんなことがあって、いつか友人達にラーメンをご馳走しよう!と企んでいました。とりあえず、近所の日本人友人達に、↑↑こんな写真付きでメールを出したら「喜んで!!」と皆からの即答が。
皆年末年始のご馳走やら何やらで、ラーメン恋しくなったのでしょう。タイミングも良かったみたい。

そして今日、小雪の散らつくなか「ラーメンデー」となりました。皆親子連れの4組を招待。ウチも入れると5組の家族。やや満杯気味なのですが、子供たちも楽しくはしゃぎ、それはそれは楽しい日曜日となりました。雪で外出を控えがちの子供たちにとっても楽しい1日になったようです。
a0124902_7565524.jpga0124902_7571122.jpg
そしてクライマックスはでかプッチンプリン。日本に住むKちゃんがわざわざ送ってくれたもの。使った牛乳1リットル!!!型の中にシロップも入っていて、プリンミックスの要領で自分で作るのですが、皆の前に出すと「おおおおおーーーっ、何それ!!??」と歓声が。ウケましたね、懐かしいコンビにの味がしました。

子供たちも散々遊び疲れて、眠くなる頃にお開きとなったのでした。雪雪雪で外は寒かったのですが、家の中は本当に温かい暖かいと思いました。寒いなか、皆わざわざ来てくれて、本当にアリガトウ。そう、お子様2人のうち1人が熱が出てしまった、けどラーメン食べたいから . . .と、オトーさんとオカーさんが交代で来てくれたトコロもありましたね。可笑しい&嬉しい。
プッチンプリンを送ってくれたKちゃんにもアリガトウ。

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

[PR]
# by mizue_uk | 2010-01-11 08:21 | 日々 . . .

Anna's ラグー

a0124902_22086.jpg
イタリア人のAnnaからこのラグーの作り方を聞き、レシピにしたもの。
「牛乳を加えて煮込む」その作り方を想像するだけで、思わず顔をしかめた私。実はAnnaのマンマの自慢のレシピだそうです。そしてこのレシピは本になって出版されたとか。
まぁ、騙されたと思って . . .

作ってみました

肉だけなのに、ちゃんと野菜の味がする、肉自体もしっとり、ものすごく美味しいラグー(ミートソースでもボロネーゼでもなく!!)が出来上がりました。「牛の親子煮込み」ですね。
この肉を煮込む時に一晩おくこと、これは豚の角煮と全く同じ調理法かな、と。肉をいったん煮込んで一晩置くと、スープに出た旨味を肉が吸い戻すのです。妙なトコロに共通点を見つけました。


a0124902_1203238.jpga0124902_1204461.jpg
材料(6~8人分)
・牛ひき肉(脂肪分10%細挽): lean ground beef (typically 10% fat)---1kg
・牛乳: semi-skimmed milk---300ml
・タマネギ: onion---1個
・ニンジン: carrot---1本
・セロリ: celery---1本
・ローリエ: Bay leaves---2~3枚
・トマトパッサータ: tomato passata---1本(約680g)
<調味料>
・ビーフコンソメの素: soup stock cube---2個
・塩: salt---小さじ2/3〜
・コショウ: ground black pepper---少々
・ウスターソース: worcestershire sauce---小さじ1
・しょうゆ: soy sauce---小さじ1

a0124902_1205725.jpga0124902_1211016.jpga0124902_1212345.jpg
作り方
1.タマネギは根元を残して(後で取り出しやすいように)4分割、ニンジンも4分割、セロリはぶつ切りにする
2.深鍋に牛ひき肉と1.の野菜、ローリエを入れる。牛乳、水---300ml程度(全て牛乳にしても構わない)ようやくかぶる程度に加え、強めの火にかける
3.沸騰したらアクをすくい、火を弱めて40分程度煮込む
4.野菜を取り出し、そのまま一晩置いておく
--------------------------------------------------
5.上に浮いて固まった脂は取り除き、再度火にかける
6.30分程度少し水分を飛ばすようにし、トマトパッサータ、調味料を加えて約1時間煮込む。塩加減を調整する
--------------------------------------------------
ゆでたてのパスタにかけてどうぞ。
ラザーニャやグラタンにも使えますし、残ったら小分けして冷凍室へ。
a0124902_1213851.jpg
Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

[PR]
# by mizue_uk | 2010-01-09 02:04

リークの和風グラタン

a0124902_693517.jpg
リークをグラタンにしてみたら、洋風「リークのクリームグラタン」と和風の2品出来てしまいました。オーブンにちょっと入れるだけで、ご馳走風に見えるから助かります。下ごしらえも簡単、オーブンを温めている間に出来るし、ソースもこの際、和風の顆粒だしを溶いたものを使って全然構いません。
和風だしとチーズ!!??美味しいのです


a0124902_695624.jpga0124902_6101052.jpg
材料(2人分)
・リーク: leek---1本(約150g)
・ハム: ham---薄切り2枚(約20g)
・モッツァレッラチーズ: mozzarella cheese---約30g
・パルミジャーノレッジャーノ: Parmigiano Reggiano---(すりおろして)適量
・パン粉: bread crumbs---適量
・オリーブオイル: olive oil---大さじ1
・和風だし: Japanese soup stock---100ml
・酒: sake---小さじ1
・塩: salt---小さじ1/3
・ごま油: toasted sesame oil---適量
*オーブンは230℃に温めておく


a0124902_6102844.jpg
作り方
1.リークは5cm長さに切り、その後、更に縦に細く切って千切りにする。ハムも同じ大きさに切っておく
2.耐熱皿に切ったリークを並べ、上からオリーブオイルを回しかけ、ラップをして電子レンジに約2分かける。ハムと合わせてグラタン皿に入れる
3.和風だし、酒、塩を合わせたものを上からかけ、モッツァレッラチーズ、パルミジャーノ、パン粉の順に均等にのせる。上からごま油も振る
4.230℃に温めたオーブンで焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

[PR]
# by mizue_uk | 2010-01-08 06:33
line

ロンドンでのレシピと日々


by mizue_uk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31