ロンドンで作る美味しいごはんのレシピ

ukfood.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:-パ ン ( 5 )

(季節外れでゴメンナサイ)シュトーレン

a0124902_19583913.jpg
タイミングを逃した、もイイトコ。
ドイツの方、キリスト教の方には本当に申し訳ないのですが、今頃シュトーレンをのせてしまいます。
そもそも、年末の休みに作ろうと材料を買っていたのに、時間が取れずこんなことになってしまった、という言い訳です。で、年始に作ったら、簡単で本当に美味しかったのです。
天板に手でラフにのばしていって、シートごと二つに折ったら、良い形になります。本来はイーストを使うようですが、普通のパンほどちゃんと膨らむ必要はなさそうですし、ベーキングパウダーでいい感じに出来上がります。時間も短縮出来ますね。
実際ドイツのシュトーレンはマジパンがドドーン!と真ん中に入っていて、ちょっとヘビー。ドライフルーツも自分で好みのものを入れられるので、好きな味に仕上がります。今年のクリスマス(笑)に是非お試し下さい


a0124902_19585531.jpg
材料(天板1枚分)
・薄力粉: plain flour---150g
・アーモンドパウダー: ground almonds---150g
・ベーキングパウダー: baking powder---小さじ1
・グラニュー糖: granulated sugar---70g
・無塩バター: un-salted butter---50g
・レーズン: raisins---150g
・オレンジピール: orange peel---70g
・くるみ: walnuts---70g
・ラム酒: dark rum---大さじ1
・卵: egg---1個
・牛乳: sami-skimmed milk---大さじ3
・アイシングシュガー: icing sugar---適量
*焼くまでにオーブンを160度に温めておく

a0124902_1959308.jpga0124902_19594463.jpga0124902_200491.jpga0124902_2001821.jpga0124902_2003241.jpga0124902_2004673.jpg
作り方
1.小さなボールにレーズンを入れ、熱湯をかける。約3分置いてから水気を良く切り、ラム酒をふりかけておく(表面の余分な油分や汚れが取り除けます)
2.くるみは粗く刻み、オレンジビールも大きなものであれば、刻んでおきます
3.大きなボールに薄力粉をふるって入れ、アーモンドパウダー、ベーキングパウダー、グラニュー糖と混ぜておく。冷たいバターを加え、手で揉み込むようにしてサラサラの状態にする(スコーンを作る要領で)
4.レーズン、オレンジピール、くるみを混ぜ、卵と牛乳をよく溶いたものを加え、手で一つにまとめる
5.天板にオーブンシート: parchment baking sheetsを敷いて、4.の生地を角丸の長方形にのばす。6.シートごと少しずらして二つに折り、少し押さえる
7.温めたオーブンで約40分焼く。冷めてから、アイシングシュガーをたっぷり振りかける。薄く切ってどうぞ
--------------------------------------------------
*シュトレン(独: Stollen)は、ドイツのアドヴェントになくてはならない菓子。一般的にシュトーレンと呼ばれるが、綴りの上からも伸ばさないシュトレンがドイツ語での一般的な発音。発音はシュトーレ、シュトーレン、シュトレン、シュトレーンと色々あり、日本で普及したシュトーレンは高地ドイツ語由来。
ブランデーなどに浸けておいたドライフルーツを、たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いた細長いパンである。普通のパンと違ってかなり重くて日持ちがする。パンというよりはお菓子、ケーキとして食べられる。自宅で作るほか、クリスマス・マーケットで買う事も多い。
シュトレンという名前は「坑道」を意味し、トンネルのような格好をしているためについた。粉砂糖をたっぷりまぶしてあり、これが幼子イエスを産着で包んでいるというふうに見たてられているらしい。
クリスマスを待つ4週間の期間であるアドヴェントの各週末に、イエス・キリストの生誕の日が近づいてくるというお祝いをする。その際、身内や身近な友人とささやかにティーパーティをし、シュトレンを薄く切って賞味する。ドイツではクリスマスと言えばケーキではなく、シュトレンであると言えるほど、一般的である。by wiki


Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
[PR]
by mizue_uk | 2010-01-15 20:36 | -パ ン

フレンチトースト

a0124902_22391748.jpg
パンの種類やこだわりに「それぞれのフレンチトースト」があると思います。カラメルが好きな私は、バゲットを使って、最後にグラニュー糖をフライパンに入れてカラメル化してみました。外がカリカリで香ばしく中はふんわりです

a0124902_22393137.jpga0124902_22395113.jpg
材料(2人分)
・バゲット: baguette--- 厚切り4切れ(少し日が経って、固くなったもので構わない)
・卵: egg---1個
・牛乳: semi-skimmed milk---150ml
・グラニュー糖: granulated sugar---大さじ1+大さじ2
・バター: butter---大さじ2

a0124902_22402946.jpga0124902_22404776.jpga0124902_22412315.jpg
作り方
1.小さなボールに卵、牛乳、グラニュー糖---大さじ1を合わせ、フォークなどでよく混ぜ合わせる
2.平たいバットなどにバゲットを並べ、上から1.をかけて30分以上(一晩でも可)全体にしみ込むまで冷蔵庫に入れておく(パンの状態にもよりますが、途中で上下をひっくり返すなどして、中まで浸透させて下さい)
--------------------------------------------------
3.フライパンを弱めの中火に熱し、バターを溶かす(一度にフライパンに入り切らない場合は、バターと砂糖の量を半分ずつ2回に分けて焼いて下さい)
4.バターが溶けたら、バゲットを入れ片面約4〜5分ずつ、表面がこんがりきつね色になる程度に焼く
5.両面焼けたら、グラニュー糖を全体に振り、バゲットの両面を返しながら、全体に絡めるようにして出来上がり。お好みで更にジャムや砂糖、メイプルシロップなどをかけて、熱いうちにどうぞ. . .
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 22:50 | -パ ン

ハムとチーズのホットサンド

a0124902_5574754.jpg
「クロックムッシュ!!」と言いたかったのですが、材料を考えてみたら、イタリアのパン、スイスのチーズ、イギリスのハムを使っていました。材料が美味しいと単純なサンドイッチも上等に。フライパンで焼くひと手間で美味しくなります

a0124902_558527.jpga0124902_5582849.jpg
材料(2人分)
・チアバッタ: Ciabatta---大1個
・ハム: ham---2枚
・ゴーダチーズ: gouda cheese---2枚(熱で溶けるタイプなら何でも)
・バター: butter---大さじ2程度

a0124902_559291.jpga0124902_5592341.jpg
作り方
1.パンを2つに切って、厚みをスライスする。間にバターを塗って、ハムとチーズをはさむ
2.フライパンにバター半量を入れ、弱めの中火で熱する。具を挟んだパンをフライパンに入れ、フライ返しなどで少し押さえつけるようにしながら5分程度温める
3.裏返して、残りのバターを足したら、更に5分程度チーズがとろけるまで焼いて出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 06:04 | -パ ン

アボカドとベーコンのラップ

a0124902_0435830.jpg
クルリと巻いただけなのに、何故か美味しく楽しいラップ。ハーブ入りやいろんな大きさなどがあり、気に入ったものを見つけるのも楽しみです。アボカドとベーコンはおなじみの組み合わせ。これにフレッシュチリが入るとグンと味わいが出てきます

a0124902_0442270.jpga0124902_0444077.jpg
材料(2人分)
・ベーコン(薄切りタイプ): rindless streaky rashers bacon---3枚
・レタス: lettuce---適量
・トマト: tomatoes---小3個
・アボカド: avocado---1個
・レモン汁: lemon juice---小さじ1
・フレッシュチリ: green chillies---1本
・ラップ: wrap---2枚
・塩コショウ: salt & ground black peppercorns---少々

a0124902_0445753.jpga0124902_0451739.jpg
作り方
1.ベーコンは1cm幅に切り、フライパンでカリカリになるまで炒め、油をキッチンペーパーなどで切っておく
2.レタスは適当にちぎる。トマトは種を除き、スライス。アボカドはスライスし、レモン汁をかけておく
3.チリは種を取り除き、小口に切っておく(種は非常に辛いので取り除いた方が無難。触った後は目などをこすらないよう、気を付けて下さい)
<ラップを温める>
4.フライパンにラップを入れ弱火にかける(オイルは不要)。2枚の場合は重ねて可。片方が温まったら、裏返す
5.温まったラップの中央に1~3までをのせ、塩、コショウで軽く味付けし、巻いて食べる
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 00:52 | -パ ン

ドライトマトとパルミジャーノのベーグル

a0124902_055622.jpg
ドライトマト、パルミジャーノレッジャーノ、ロケット(ルッコラ)の相性はスゴイ。なんだかバカバカしい感じのレシピですが、サラダにしても美味しい組み合わせだと思います

a0124902_061383.jpga0124902_062958.jpg
材料(1人分)
・プレーンベーグル: plain bagel---1個
・ドライトマト: sun-dried tomatoes---3枚(ぬるま湯で20分程度戻しておく)
・パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano---適宜
・ロケット: rocket---1つかみ
・マヨネーズ: mayonnaise---適宜
・バター: butter---適宜
・コショウ: ground black peppercorns---好みで

作り方
1.戻したドライトマトを幅1cm程度に切っておく。パルミジャーノは薄くスライスしておく
2.ベーグルをトーストし、バターを薄く塗る。片面にマヨネーズを塗り、ロケット、ドライトマト、パルミジャーノをのせる。好みでコショウをしたら、上からもう片方のベーグルをのせて出来上がり
[PR]
by mizue_uk | 2009-08-04 00:42 | -パ ン
line

ロンドンでのレシピと日々


by mizue_uk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31