ロンドンで作る美味しいごはんのレシピ

ukfood.exblog.jp ブログトップ

ヨーグルトスコーン

a0124902_20113555.jpg
教室で好評だったスコーン、早速載せてしまいます。イギリスのレシピだとバターミルク、サワークリームを使ったものが多いのですが、残ると使い道に困ってしまいます。グリークヨーグルトなんかも試しましたが、普通の脂肪分を調整していないヨーグルトがベスト。焼くと酸味は感じられません(フシギ)

気温が高かったり、手の温度が高い方は、指でサラサラの状態にするのがちょっと難しいかもしれませんが(教室で見て頂いた方々は大丈夫ですよね?)、その時はボールごと粉を冷蔵庫で冷やしてみて下さい。

焼きたてを食べると、ヘタなケーキよりよっぽど美味しい。材料も難しいものではないので、ぜひぜひオウチで作ってみて下さい。豪華なホテルでアフタヌーンティーも洒落ていますが、これもナカナカ負けていないと思います。


a0124902_20121368.jpg

10~12個分

・薄力粉: plain flour—250g + 打ち粉分
・ベーキングパウダー: baking powder—小さじ4
・塩: salt—ひとつまみ
・グラニュー糖: granulated sugar—大さじ1.5
・無塩バター: un-salted butter*—50g
・卵: eggs—1個
・牛乳: milk—70ml
・ヨーグルト: whole milk full fat yogurt**—50ml
・クロテッドクリーム: clotted cream—お好みで
・ジャム: jam—お好みで

*1.5cm程度の角切りにし、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておく
**滑らかなタイプ、脂肪分などを調整していない(full fat)もの
***デヴォンやコーンウォールが産地。最も脂肪分の高い(55%)クリーム
焼くまでにオーブンを180℃(ガスマーク4)に温めておく

作り方

1.薄力粉とベーキングパウダー、グラニュー糖、塩を合わせてふるい、ボールに入れる。冷蔵庫から出したてのバターを入れ、手でもみほぐすようにし、サラサラの状態にする。こねないこと。
2.小さなボールに卵、牛乳、ヨーグルトを良く混ぜ合わせておく。粉類とバターのボールに液体を混ぜ、ひとまとめにする
3.打ち粉を降った台の上に厚さ2cm程度に伸ばし、型で抜く。残った生地はもう一度丸めて伸ばし、残り同じ様に抜く。時間があったら、そのまま少しねかせてから焼いて下さい(1時間以上はねかせないように。時間が長いと膨らみ過ぎます)
4.オーブントレーにパーチメントシートを敷き、温めたオーブンで約13~15分ほど焼く
5.焼きたてにクロテッドクリームやジャムを添えてどうぞ

Copyright © 2009~ mizue & co. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓↓↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
[PR]
by mizue_uk | 2011-03-02 20:16 | -デザート
line

ロンドンでのレシピと日々


by mizue_uk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30